学校の沿革 

明治 5年 学制公布により、各学校が創設される
保泉学校(明治5年和泉村泉永寺)
船山学校(明治7年東石井村本覚寺) 立花学校(明治6年立花方善寺)
星陵学校(明治7年北土居村会堂)
修成学校(明治8年南土居村熊野神社東側)

13年    長光(古川村)を加え、六つの小学校ができる
20年(1887年) 石井尋常小学校(旧船山小学校を改称)を創設する
26年    分教場(和泉、南土居)を廃止し、石井尋常小学校に統合する
34年     石井尋常高等小学校となる(高等科を併設)
42年     石井尋常高等小学校 尋常科(4年制→6年制)、高等科(2年制)となる

昭和16年  石井村立石井国民学校となる
20年   松山戦災のため本校全焼する(7月26日)
22年   6・3制実施に伴い、石井小学校が発足する(石井中学校併設)
34年   校歌「つばきの宮居」、校訓を制定する
37年   松山市立石井小学校となる(石井村が松山市に合併)
41年   校訓碑「正しく、つよく、明るく、なかよく」を建立する
42年(1967年) 開校80周年記念式典を行う(3月10日)
43年   鉄筋3階建(第4教棟)落成する
45年   鉄筋3階建(第1教棟)落成する
46年   中学校が移転し、小学校単独校となる
47年   特殊学級を設置する
48年   体育館落成する
49年   鉄筋4階建(第2教棟)落成する
50年   鉄筋4階建(第3教棟)落成する、 給食共同調理場完成する、 新プール完成する
51年   児童数2,535人、学級数60、職員数81人、関西一のマンモス校となる
        ※ 分離新設により、椿小学校(850名)ができる
54年   児童数2,279人、県下一のマンモス校になる
        ※ 分離新設により、石井東小学校(980名)ができる
56年   運動場夜間照明施設を設置する、バックネットを新設する
57年   運動場南及び西側防球ネット完成する
59年   相撲場ができる
61年   なかよしの像を建立する
62年(1987年) 開校100周年記念式典を行う(11月28日)、記念碑を建立する、タイムカプセルを埋設する
63年   第4教棟改修、木造校舎・物置取壊し、下水道工事実施、楽焼小屋を新設する
        ※ 分離新設により、石井北小学校(650名)ができる

平成2年 第1教棟・体育館改修、国旗掲揚台を新設する
 3年   遊具とんがり塔を新設、汚水処理施設を改修する
 4年   日中友好書画展が開催される
 5年   造形砂場を新設する
 6年   運動場放送施設を設置する
 7年   第2教棟を改修する
 8年   体育館北側通路、カラーブロック舗装する
 9年   第3教棟を改修、体育館西側通路バリアフリー工事実施、飼育小屋移転新設する
10年   第33回愛媛県教育研究大会松山管内大会第6群会場校となる
11年   第1教棟洋式トイレを設置する
12年   第4教棟洋式トイレを設置(1階身障者用トイレ)する 運動場北側通路、カラーブロック舗装する
13年   第35回愛媛県教育研究大会松山管内大会第14群会場校となる
14年   文部科学省「学力向上フロンティア事業」研究指定校となる(〜16年度)、難聴学級を設置する
15年   文部科学省「学習指導カウンセラー派遣に係る調査研究事業」研究指定校となる(〜16年度) 情緒障害学級を設置する
17年   全国(ホームページ作成)・県(交通安全)・市(募金活動)単位で表彰される
18年   幼小関連教育の推進校となる(石井幼・石井小)、児童クラブを増設する
19年   開校120周年 (100周年に埋めたタイムカプセル開封式)
20年   愛媛県NIE活動実践指定校となる
21年   NHK「課外授業ようこそ先輩」卒業生友近が来校し放映、「きっずニア石井」開催
22年(2010年) 第1教棟・第2教棟 耐震補強工事 内外装工事実施
23年   松山市総合防災訓練会場となる
24年  「歯・口の健康づくり」研究指定校となる  プール改修


前のページ
学校評価
コンテンツのトップ 次のページ
校歌